赤ちゃんが鼻づまりで苦しそう!鼻水を吸引する方法とは?

赤ちゃんは粘膜が敏感であるため、乾燥や気候の変化によって鼻づまりを起こしやすいのです。

鼻づまりを解消しなければ、ウイルスの繁殖によって副鼻腔炎などの病気を引き起こす可能性があります。

赤ちゃんの鼻つまりは吸引することで解消させるのが一般的。小まめに吸引をしてあげることが必要になります。

それでは、赤ちゃんの鼻水を吸引する方法とはどの様に行うものなのでしょうか。

病気を引き起こす前に吸引

鼻と耳は繋がっており、鼻づまりによって鼻水が耳に流れてしまえば中耳炎など耳の病気にも繋がるのです。

また、鼻づまりによって呼吸が苦しくなり、赤ちゃんはしっかりと睡眠を取ることが出来ないということも。

赤ちゃんの鼻づまりの吸引は、耳鼻科で行うことが可能です。

鼻づまりを完全に解消することが出来るため、症状が重い時には耳鼻科で診察と吸引を行いましょう。

しかし、鼻づまりの度に耳鼻科に行く事は難しいですよね。その場合には、自宅で吸引をしてあげます。

様々な吸引器が存在する

市販されている赤ちゃんのための鼻水吸引器を使用することが一般的。ドラッグストアなどで購入が可能です。

スポイトタイプなども存在します。一度に鼻水を吸引することが難しいため、数回に分けて吸引します。

ストロータイプは、ストローを赤ちゃんの鼻に入れ、反対側を口で吸うことで鼻水を吸引する商品です。

電動式の鼻水吸引器も販売されています。非常に便利ですが、サイズが大きく価格が高いことがデメリットです。

吸引を嫌がる赤ちゃんも

吸引器を嫌がったり、大人が上手に出来ないという場合には、くしゃみをさせることでも鼻づまりは解消される可能性があります。こよりなどで鼻の奥をくすぐり、くしゃみをさせます。鼻の奥に入れすぎないよう注意をしましょう。

また、筒状にしたティッシュを鼻の中に入れて引くと、粘り気のある鼻水であれば取ることが可能です。

空気の乾燥、ウイルスによって鼻づまりを起こします。そのため、部屋の空気を加湿するなど、ウイルスの繁殖を防ぐことも重要です。

赤ちゃんの鼻づまりの吸引方法・まとめ

吸引器を使用せず、直接口で吸うという方法もあります。

しかし、鼻水にはウイルスが含まれているため、口で吸った大人がウイルス感染を起こす可能性があります。吸引した鼻水がすぐに口から出し、しっかりとうがいをして対策を取ります。

望ましくない方法ではありますが、吸引器がなくティッシュなどでも取ることが出来ない場合には応急処置として行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする