つらい子供の便秘、出し方と解消法は?

大人でもつらい便秘。お腹の力が弱く上手な便の出し方ができない乳児期から、ウンチを我慢することで便秘になる学童期など便秘の原因も様々です。
子供は便秘で硬くなった便を出すのに痛くて泣き出すこともあります。痛みでトイレに行くのを嫌がり、さらに便秘を悪化させる原因となってしまいます。
子供の便秘が酷くなる前に少しでも楽な出し方で解消してあげたいですね。子供の便秘の出し方や解消法をご紹介しますので参考にして下さい。

年齢による便秘の原因

子供の成長の過程によって違う便秘の原因を見てみましょう。

乳児期の便秘

母乳からミルクに替わる時期や離乳食の時期に便秘になることがあります。赤ちゃんはお腹の力が弱いため便を上手に出すことができません。また離乳食が始まると腸内環境が変化します。さらに母乳やミルクの回数が減るためそれまでよりも水分不足になり便秘になりやすくなります。

幼児期の便秘

トイレトレーニングが始まる時期は子供の便秘が多くなると言われています。トイレで失敗すると「怒られる」という思いが強く残ると我慢するようになってしまうのです。ウンチをしたくなっても「怒られるから我慢する」という悪循環になり便秘になってしまいます。

学童期

小学校へ入学すると時間が決められていたり、集団行動が多くなるため、トイレを我慢することが多くなります。トイレに行きたい時に行けなかったり、学校でウンチをするのが恥ずかしいという気持ちも出てくるため便秘となってしまいます。

子供の便の出し方・解消法

では、子供が便秘になってしまった時の解消方法を紹介します。

お腹をマッサージ

赤ちゃんにもできる便秘解消法にお腹のマッサージがあります。ヘソの周りを時計回りに「の」を書くようにマッサージします。腸の中を便が通るのと同じ方向へ刺激することで便の動きを助けて排出しやすくしてくれます。腸が動くことで溜まったガスも出してくれます。

酷い便秘には浣腸

赤ちゃんの便秘には「綿棒浣腸」も効果があります。綿棒の先にベビーオイルやオリーブオイル、ワセリンを塗り、肛門から入れて優しくクルクルと回して刺激します。綿棒を奥まで入れる必要はありません。赤ちゃんがいきんでいるようなら、ヘソの辺りから下へ向かってお腹を押してあげると出しやすくなります。
幼児期になると子供用の浣腸を使えるようになりますが、最初はママも使い方に不安があると思います。そんな時は受診して病院で浣腸をしてもらいましょう。

こまめに水分補給

水分不足も便秘の原因になります。離乳食が始まった赤ちゃんには母乳やミルクが減った分、白湯やお茶で水分補給をしてあげましょう。
幼児期には朝起きた時にコップ一杯の白湯を飲むと胃腸の働きを促してくれます。
冷たい飲み物は胃腸の働きを鈍くするため、常温か少し温かい方が内臓を中から温めて動きをよくし、硬いウンチを柔らかくしてくれます。

便秘に効果的な食べ物・飲み物

ホットミルクココア

食物繊維が豊富なココアにミルクとオリゴ糖を入れたホットミルクココアは便秘解消に効果があります。朝ご飯の前に飲むと胃腸の働きを活発にしてウンチを出しやすくしてくれます。ココアには糖分が入ったタイプもあるので飲み過ぎには注意しましょう。

離乳食から使える食物繊維たっぷりな野菜や果物

サツマイモ、カボチャ、ニンジン、カブなどは食物繊維が豊富で、離乳食初期から使いやすい野菜です。柔らかく煮てマッシュして食べさせてあげると効果的です。
バナナやリンゴも便秘に効果がありますが、アレルギーの原因となることがあります。最初に与える時は加熱してあげると安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする