顔の保湿は重要!正しい化粧品の使用方法とは

顔は皮膚が薄く、デリケートな場所です。顔は乾燥が目立つため、保湿に気を使う場所でもありますね。

しかし、正しい保湿方法でケアをしなければ、保湿美容液や化粧水は効果を発揮してくれません。

特に女性は、メイクの乗りにも影響します。特に乾燥する季節には気を使いたい、顔の保湿方法のコツを紹介します。

勘違いしがちな‘水分量’

保湿と聞くと、化粧水を沢山使用して水分量を増やすという事を考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、水分を与えるだけではなく、肌が水分量を維持することが必要なのです。

肌の水分量を維持するためには、肌の持つ機能のバランスを良くすることが重要。皮脂、細胞脂質に含まれるセラミドのバランスです。

セラミドとは様々な種類が存在する成分ですが、特に保湿に効果が期待できるセラミドは‘ヒト型セラミド’です。

皮脂の量も重要

皮脂は少ない方が良いというイメージもあります。

確かに、皮脂が多いと毛穴を塞ぎ、ニキビや湿疹などの肌トラブルの原因となります。
しかし、皮脂が少ないと乾燥に繋がるのです。

正しい保湿方法の1つとして、皮脂を補うことが挙げられます。

皮脂は洗顔によって流されてしまいます。また、皮脂の分泌量は、年齢とともに減って行きます。

洗顔後の保湿方法

洗顔時には、よく泡立てた洗顔料で優しく肌を洗います。

洗い終えたらすぐに水分を拭き取りましょう。水分の蒸発とともに、肌にある水分まで蒸発して行ってしまいます。

次に化粧水をつけます。化粧水には水をベースとした保湿成分が含まれています。

しかし、つけすぎてしまうと皮膚がふやけてしまうため適量を塗るようにしましょう。

化粧水で肌の状態を整え、メインである乳液や美容液を塗って行きます。

先に乳液を塗ってしまうと、水溶性である化粧水の成分を弾いてしまい、化粧水の塗布は無意味になります。

乾燥が気になる場合、乳液の後に美容液やクリームをつけて更に保湿を行いましょう。

乳液よりも、美容液や保湿クリームには皮脂を補う油分が多く含まれているためです。

乾燥の気になる目元を中心に塗り、おでこや小鼻には付けすぎないようにすることもポイントです。

顔の保湿方法のまとめ

乾燥した肌は、荒れた状態になっています。刺激の強い化粧品を使用してしまうと、炎症を起こす可能性もあります。

刺激が少なく、ヒト型セラミドなど人間の体に吸収されやすい成分にこだわって作られた化粧品を使用することをおすすめします。

低刺激、無添加、高保湿力で人気の【潤静】
潤静の口コミをチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする