潤静は赤ちゃんの頭や顔にも使用できるの?

潤静の特徴は、無添加であることです。

少しでも刺激のある成分を含んでいないことは潤静最大の特徴なのです。

そのため、赤ちゃんの顔や頭にも使用することが可能。

デリケートな場所であっても、
潤静であれば刺激が加わらないため安心して使用できます。

顔や頭は、大人であっても皮膚が薄い場所であるためケアは慎重になります。

赤ちゃんとなれば、顔や頭の皮膚は非常に薄く、
大人以上にデリケート。

顔の乾燥は気が付くものの、
頭の乾燥は髪の毛に隠れて見えにくいため、
気が付きにくいこともあります。

しかし、顔も頭も同じ皮膚であるため保湿ケアは必須なのです。

潤静は全身に使用出来るため、
1つ持って居れば全身の保湿ケアにかける時間も短縮できます。

そんな潤静の成分に関する特徴や、使い方を紹介します。

デリケートな肌に潤静が使用出来る理由

潤静とは、保湿効果が非常に高いことが特徴のローションタイプの化粧品です。

保湿成分の中でも、‘ポリグルタミン酸’を含む点は潤静の特徴の1つです。

ポリグルタミン酸は
皮膚の表面に膜を作る成分であり、
肌を細菌などの外部刺激から守る成分として
必要不可欠なのです。

保湿成分としては‘セラミド’も含みますが、
‘ヒト型セラミド’であるため、
人間の肌に浸透しやすい性質です。

ヒト型セラミドは、
肌の持つ成分に反することが無いため
刺激を起こすことが極めて少ない成分です。

デリケートな場所に使用可能
となっている最大の理由は、
殺菌する成分を含んでいないことです。

植物由来の保湿成分だけを含むため、
刺激を与えることがありません。

そのため、
赤ちゃんの顔や頭などの
非常にデリケートな部分にも
使用することが可能となっています。

潤静の効果を引き出す使い方


潤静は、ポリグルタミン酸の効果により肌に膜を作ります。

そのため、肌が汚れていたり菌が付いていると、
その汚れごと肌に密着してしまうという事になります。

使用する際には、肌を綺麗にしてから使用しましょう。

潤静はローションタイプであることで、
少量でも伸びが良いことも嬉しいポイント。

赤ちゃんであれば、
500円玉程度の量で頭や顔、
全身に塗ってあげることが出来ます。

余計な付着物のない肌であれば、
成分も肌に馴染み、
より高い効果を実感出来るはずです。

潤静(うるしず)は頭や顔に安心して使えます


赤ちゃんの皮膚は非常にデリケートです。

一度肌トラブルを起こしてしまうと、
何度もぶり返してしまうことも特徴です。

肌トラブルが見られなくても、
予防として頭や顔などの皮膚が薄い場所も
保湿はしっかりと行ってあげましょう。

潤静は、デリケートな赤ちゃんの
顔や頭にも使えるローションです。

また、お母さんの顔のスキンケアにもおすすめです。

低刺激で高い保湿力のローションで
親子でスキンケアするのも良いですね。

潤静は今だけ
初回半額・全額返金保証付きです。

成分や効果の詳細をチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

【潤静の公式販売店はこちら】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする